スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
減損処理って。。パトライト編
2006年03月13日 (月) | 編集 |
ちょっと気になった会社。
パトライト(6825)

この会社、今期15億円もの不動産の減損処理を敢行して一気に純利益を15億円予想6億円まで下げました。

不動産の減損処理というのは評価額の下落なんかで、投下資本の回収が不能になるおそれのある不動産を特別損失として一気に損切りしてしまうこと。。なのですね。

当然PERは跳ね上がるので株価は下落。

でも。
売上高
営業利益

目標達成です!
それに当初の利益予想15億円にから5億円の減損処理を引いても6億円の利益が出てるってコトは21億円近い利益になる予定だったのでは?

それにこの会社の財務体質は文句ナシ!
有利子負債 0
パトライト

上記の貸借対照表から分かるように、フツウ流動資産と流動負債が1:1であれば健全といわれるけど、この会社は流動負債と固定負債を合わせても13%台。

つまり資金繰りはラクラク。
これはゼロ金利解除後も豪華客船なみの安全度です。

配当利率も1%は堅いでしょ。

あとは会社の将来性。
回転等や電光表示板がメイン。
セキュリティ関連としては需要は減ることはなさそうだし。

f_04.gif
できればクリッとランキングを。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
招きネコさん、こんばんは~。
本当によく研究していますね!
師匠もよく、特損などがあるから、PERは見ないと言ってます。
パトライト、財務健全性は高レベルですね。
私もチェックしてみま~す♪
2006/03/13(Mon) 22:38 | URL  | テン子 #sIVvp/1E[ 編集]
たしかに。
PERって結構変動しますもんねぇ。
やっぱりPBRの方が基準としては使いやすいのかも。

でも新興銘柄のPBRはどれも高くてムズかしいですよね~
2006/03/14(Tue) 12:08 | URL  | 招きネコ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。