スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
敗者のゲーム
2006年02月06日 (月) | 編集 |
サイモン・ラモという人の著書

「初心者のための驚異のテニス」の中から。。

プロテニスプレーヤーとアマチュアの違いはナニ?

ルールや道具は変わらない。違いは過程にある。んだそうです。

プロは自分で得点を勝ち取り
アマはミスで得点を失う。


プロは強く打てるし、コントロールもよい。滅多にミスをしない。
コレが勝者のゲーム

じゃ、アマは?
ボールはネットにひっかかる。コートの外に出る。ダブルフォールト。。
自滅して負ける。

もちろん得点の多い方が勝つんだけど、過程がプロと違う。
勝った方は相手よりミスが少なかったのだ。
より多くの点数を取ったからじゃない。

コレを「敗者のゲーム」という。らしい。


「敗者」という言い方はどうかと思うケド、一理あるカナ?

個人投資家の情報量やトレード時間なんかはアマチュアに近い。

機関投資家はプロ。

コレには勝てない。なかなかネ。

じゃあ、その他のアマチュアさんに勝つには。。

ミスを減らす。つまりはリスクを減らす。ってこと?



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。