スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
月例経済報告って。。
2006年05月31日 (水) | 編集 |
今日もヒドイ下げっぷりです。。

(-.-)p”ブーブー

株価は4月、5月と下げっぱなしでした。

さすがにTVなんかのコメントも弱気になってきてます。。

底はどこなのよ?って感じです。


下げ続ける株価とは逆に、内閣府の月例経済報告をチェックすると、今年の2月から

景気は緩やかに回復している
    
景気は回復している

と力強いコメントに変わってるんです。 ココ

ちなみに去年の5月は景気は一部に弱い動きが続くものの、緩やかに回復しているです。


このままいけば、「回復」から「上昇」に転じるのかな?

どちらにしても株相場も、はいオシマイ。。となるにはまだまだ早いと思うんですけどネ。

スポンサーサイト
バイオエタノール。。続報
2006年05月28日 (日) | 編集 |
5/19のニュース。

詳しくは ココ

沖縄に「エタノール特区」を設け、ガソリンの混合燃料販売に対する規制の緩和を検討してるって。

混合濃度10%程度の燃料に対応できる自動車の開発を産業界に働きかけるとのこと。

以前のブログにも書きました ココ

少しずつ現実味を帯びてきましたね~


10%程度の規制緩和があったとして、単純計算で年間約20億L

アサヒビールは1Lあたり30円ほどで販売できそうと言ってたので約600億円(売上)

でもバイオエタノール車が本格的に走り出すまでには、それなりの車や燃料スタンドの整備なんかのインフラが必要になってくるので、もう少し時間がかかりそう。。

ま、どっちみちこっちも含み損抱えて動けないので、新規銘柄買えるまでには時間がかかるんだけどネ~

(>▽<;;
世界同時株安って。。
2006年05月24日 (水) | 編集 |
どうも世界的に株安らしい。

まずはロンドン。
ロンドン

なるほど5/11あたりから急落ネ。

じゃあ香港は?
香港

……そっくりじゃないの……

じゃあ、NYダウは?
ダウ

ま、まるでコピーみたい…ヾ(-_-;) オイオイ...

ちなみに日経平均はというと……
日経


先週の窓を開けた急落はこのセイだったのネ。。

┐(-。ー;)┌ヤレヤレ


どうも世界を巡るお金は一斉に動くクセがあるみたい。。

なんでも外資ファンドの決算期だとか。

ファンダメンタルも何も関係ナシに下がってます。

チャートを見る限り、3月あたりから中長期投資的に株を買って含み損を抱えてる人が世界中にいてるってことネ。

でもお金は巨大な暴れ竜みたいなもので、一ヶ所にじーっととどまってることはないハズ。

いずれこのエコノミックドラゴンは株式市場にも暴れに帰ってくるでしょ。
あらま。。
2006年05月22日 (月) | 編集 |
寄り付き天井、安値引け。。

( ̄ー ̄?)....??アレ??




こんなときは。。

千葉、滋賀、佐賀! でも見て笑いましょ♪ ココ


(‐^▽^‐) オーホッホ♪
GDP速報値を読む!。。
2006年05月19日 (金) | 編集 |
今日、内閣府から1-3月GDP速報でましたね。

やっぱりこれが今後の日本の景気を見通すには重要でしょ?

景気が良くなる(インフレになる)
  
企業業績が良くなる
  
株価が上がる

この相関関係は経済の流れですもんね。

じゃGDP速報はどんな感じだったの?

詳しくは 内閣府

名目GDPは +0.3%

実質GDPは +0.5%

(実質と名目の違いについては ココ

確かに2005年の10-12月期の +1.0%と比べたら鈍化してます。

でも前回の内訳は……
外需寄与度が +0.6% (外需寄与度とは純輸出)
内需寄与度は +0.4%

つまり国内需要の実質GDPは横ばい(やや増)です。

詳しくは ココ

今回の最もマイナスだったのは公的固定資本形成-3.5%

これはいわゆる公共投資です。

不景気だとこの数値が上がり、好景気だと下がる

公共投資01


2000年のITバブルの時と比べても公共投資の低下率は明らかです。

(ちなみに2000年の日経平均は2万円を軽く超えてました)

つまり今の株高や景気は決してニセモノじゃないと思うんです。



次に注目したいのはGDPデフレーター

今回は -1.3% 

まだマイナスです。

つまりまだデフレが続いてるワケです。GDP的には。

今日の日銀の発表もまだ利上げはしないとのこと。
(だってまだデフレですし)

でもマイナス幅はいい感じです。

10-12月期が -1.6%ですから、インフレに反転しようと頑張ってます!

以前のブログでも書いたように、インフレになれば、お金の価値が下がるワケですから、インフレリスクヘッジとして株や債権が買われます(資金シフト)

だからGDPデフレータがプラスに転換して(インフレになって)、実質金利が上昇して株が売られるというのは……
ちょっと違うんじゃないの?って思うんですけどね。

もちろん過度のインフレ(アメリカはそろそろヤバイ?)は高金利が企業収益を圧迫して業績の押し下げ要因となって、株安に動きますけどね。
ん?涙で目が。。
2006年05月16日 (火) | 編集 |
な、な、なに?コレ?……

Σ(T▽T;) がぁ~~ん。。

ピ、PCの画面が霞んでよく見えない……


なんなんでしょ。。

なんなのよ。。。


┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

個人の投売りというウワサもあります。

なんでも追証の発生ラインを割ったとか。。


テンプスタッフは好業績発表なのに、反応はイマイチ。

インデックスは。。

インデックスはもう目も当てられません。。



株価ってこんなに下がるの!?

…でもウラを返せばこんなに上がるの?って時期もあるってことなのよね。

とりあえずホールド、しかないです。

(ー_ー )ノ" ホールドしかないワ!!

くじけないで!
投信の動き。。
2006年05月12日 (金) | 編集 |
ミニSQも終えても、日本市場は相変わらず弱いですネ。。

含み損は一向に減る気配すらナイ。。(´_`。)グスン

今は外人が引いてるって感じ。。

じゃ、国内機関投資家はどうなんだろ?

投信設定

このグラフは投資信託協会というHPにあります。

チェック 投資信託協会

国内の投信のデータが揃ってます!

このグラフを見る限り、国内勢は確実に株を買ってきてます


ってことは今の日本市場の下落は外国勢の資金流入が↓↓

じゃ世界のマネーは一体どこに?


やっぱアメリカじゃないでしょうか?

NYダウは連日高値を更新してます。(11日は落ちましたけどね)

2000年1月のいわゆるITバブルの最高値に並びました!
w(゚o゚)w オオー!

もうそろそろNYも調整に入るんじゃないかしら?

5月は昨年も安値を付けました。

6月には離れていた外国資金も戻ってきて、株価も戻りますように。

(-m-)” パンパン

f_04.gif
できればポチッと押してみてネ。

金とインフレと株価と。。
2006年05月10日 (水) | 編集 |
金価格の上昇が止まりませんね~。

地政学的背景もありますけど遂に700ドルの大台を超えてきました。

確か年始は550ドル超えた!とか言ってたコトを考えると、
実に27%も上昇!

アゲアゲ↑↑~♪です!(* ̄∇ ̄*)

金の国際価格を見ると……
gold



さて。ここで問題です。


この金価格の上昇はナゼ起こってるのでしょ?


いきなりみんながゴールドの貴金属を身に付け始めたから?


((-_-。)(。-_-))イエイエ


実は金の絶対流通量非常に少ないのです。

だからマネー世界に君臨する大手機関投資家が金の保有比率を数%でも高めれば、それだけで金の値段を押し上げてしまう側面を持っています。

だからあらゆるモノの中でも、金は最もインフレに対抗しうる代表的な「インフレヘッジ資産」と位置づけられてるんですね。



「インフレヘッジ」とは……

インフレによってお金の価値が下落  ( p_q)エ-ン
     
その反面ではモノの価値が上昇  (ρ_;)グスン……うん?
     
資産をお金から株や債権や貴金属にチェンジ  (*^▽^*)ニャハハ♪


とゆーことで世界的なインフレは金価格の上昇を引き起こすのです!


じゃぁインフレになれば株価は騰がるの?

株式もインフレヘッジ資産なので騰がる、でしょ。

日本はやっとデフレが底を打ったくらいです。

詳しくは ネコにマタタビ GDP編 
 脱デフレってなぜ分かるの?

上のグラフを見ても国内の金価格はまだ2500円前後。

今の世界水準から考えると5000円くらいが妥当なトコでしょ?



インフレも度が過ぎると金利の大幅上昇で企業業績の悪化を招き、株価は下落するけど、日本はまだまだそんなレベルじゃない!

日本株の未来は暗くない!と思うのです!

(*´▽`*)

f_04.gif
できればポチッと押してみてネ。

111円台?。。
2006年05月08日 (月) | 編集 |
急に円高に振れてきましたね~。

さすがにこの急騰は意図的な仕掛けがあるみたいだけど、イランの核問題が背後に潜んでるのでしょうか?

日本は資源のない国。

輸出でもってる国なのでやっぱり円高は歓迎できないですよね?

過去の円の急騰を調べてみるとちょうど同じような急騰があったんですね
拡大してね
円ドル

だいたい2003年の9月~10月。

う~ん。何があったんだろ?

少し大きなデキゴトを調べてみると……

2003年 

3月19日 イラク戦争始まる。
8月14日 アメリカ全土で大規模停電。
9月15日 阪神タイガース 18年ぶりに優勝。
10月28日 衆議院総選挙。マニフェスト選挙。民主健闘。

とまあこんなとこでしょうか?

あんまりよく分かりません。。ヾ(;´▽`A``アセアセ


でもチャート的には102円台まではありえますね。

ふと気付いたんですけどちょっと日経平均のチャートに似てなくもないです……

保有株は相変わらず元気ありませ~ん!


お水とお茶のお話。。
2006年05月01日 (月) | 編集 |
株が全然動かないGWなので気分を変えて、お水のお話。

最近よく言われてるのがお水を1日1.5㍑

実は最近まであまり気にしてなかったんですけど、キチンと飲み始めると体調がイイような気がしますネ。

お水を飲む習慣はこの本を読んでから。

病気にならない生き方

目からウロコ本です。

成人の約70%を占める水分は胃腸で吸収され、血管を通って全身の細胞に運ばれます。

その際、血液の流れをよくし、新陳代謝がスムーズに行われることを助けてくれるとか。

お茶でもイイんじゃないの?

って私も思ってたんですけど、どうやらカテキンが諸刃の剣になってるみたい。

カテキンには殺菌効果や抗酸化作用があることは間違いないんですけど、そのカテキンもいくつか結合すると「タンニン」という渋み成分に変化するんです。

ほら、よく熱い緑茶を放っておくと、茶色く変色して渋くなってることってありますよね?

あれは「カテキン」が「タンニン酸」に変化してるんです。

そしてタンニン酸はタンパクを凝固させる働きがあるそうです。

タンニン酸を多く含むお茶(緑茶、中国茶、紅茶、コーヒーなど)を常飲してる人の胃を内視鏡で見ると、粘膜が薄くなって、萎縮性変化を起こしてることがよくあるそうです。

(ちなみに著者は胃腸内視鏡外科医)

萎縮性変化や、萎縮性胃炎は胃ガンになりやすいんだとか。

2003年、日本癌学会の川西教授らは、「カテキンによりDNAが損傷する」というレポートを発表。


なんでも「丸ごと鵜呑み」というのは良くない。

要は「過ぎたるは及ばざるがゴトシ」なんだと思う。

体にいいからといってそればっかりやってると、思わぬ落とし穴があったりする。。

そんなことをこの本から学んだ気がします。


お茶も、コーヒーも、お水も偏らずにバランスよく摂ってれば問題ないでしょ?

f_04.gif
できればポチッと押してみてネ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。